包茎手術を行った後の経過や特有のお悩み

包茎手術を行った後の経過や特有のお悩みについて

この先包茎手術を受けようと考えている方にとっては術後の経過が気になるものです。
術後、およそ30分で麻酔が切れるため痛みを感じる場合があるものの痛み止めを処方してもらえるため指示通り服用することで解消させることができます。

真性包茎の場合だと手術を行った直後は包帯で巻かれた状態になっており、交換の際に傷口を確認すると痛々しい様子が見て取れます。
手術を行ってから数日間は若干血が滲み赤みが生じることがあるため、この先傷跡が完治するのかと不安になる方が多いという実情があります。

さらに、手術を行ってからおよそ3日間は施術を行った部位が引っ張られるような感覚と痛みを覚えます。
ところが、これらは時間が経過することで解消されるため不必要に心配したりお悩みになることはありません。
その中でも最も厄介とされているのが傷口から発生する薄い黄色の液体です。

包帯につくことで黄色く染まってしまうだけではなく包帯と皮膚が接着されてしまうため剥がす際に手間になってしまうのです。
包帯を取ることが許されたとしても、次は下着についてしまうためしばらくは液体で汚れてしまう覚悟はしなければなりません。

しかし、こういった症状もおよそ2週間でほぼ気にならない程度になります。

包茎手術・包茎治療を宇都宮市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ