包茎は子宮頸癌の病気の原因にはなりません

包茎は子宮頸癌の病気の原因にはなりませんが、男女双方の悩み

子宮頸癌は女性にとって重大なリスクです。
発症する原因は様々ですが、前もって定期的に診断を受ける事で、リスクは大きく軽減出来ます。
そして、ゆゆしき事に子宮頸癌には実しやかに語られる都市伝説があります。

その中でも特に信じられてしまっているのが、包茎の男性とセックスした女性は子宮頸癌になる、といった意見です。
実際に世間の人々が多くが都市伝説的なデマとは知らず、包茎イコール病気の重大要素だと信じています。

確かに包茎は不衛生になりやすい状態です。
俗に言うところの「チンカス」が溜まりやすく、それは男性自身の病気のリスクになり得ます。
ただし、ペニスに蓄積したそれが女性の身体に重大な健康被害を及ぼす事はありません。
女性器に付着したとしても、直接的な原因になる事は無く、最悪痒みや匂いのリスクになる程度です。

しかしながら、病気の脅威にならないとは言え、女性からすれば、チンカスが毎回付着した包茎の姿を見るのは、少々辛い事になります。
また脅威こそなくても、やはりカスには汚れや雑菌、悪臭等が残りますから、膣口に挿入されて気持ちが良い物ではありません。

包茎のお悩みは男性ばかりでなく、女性にも不快な気持ちを与えます。

包茎手術・包茎治療を宇都宮市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ