包茎手術の術前や術後の悩みについて

包茎手術の術前や術後の悩みについて

男性の性器は、通常18〜20歳くらいで成長が止まると考えられています。
こうした成長期に皮を被った状態のことを包茎と言います。成長途中に自然に剥けていく人もいるので、手術を受けるかどうかは20歳を過ぎてから決めるのが良いと考えられています。

包茎手術のほとんどは日帰りで実施される安全な手術です。手術前の準備としては、医師とのカウンセリングで、どのような手術方法なのかや、執刀医は誰か、自分の包茎の種類はどのようなものなのか、具体的な金額はいくらか、リスクはあるのか、術後の生活制限はあるのか等をきちんと話しておく必要があると言われています。

また、治療後にわだかまりが残らないように、カウンセリングでお悩みを解決してから手術を受けた方がいいと考えられています。

手術は、手術日当日はお風呂やシャワーも避けた方が良いと言われています。翌日からは、シャワーを軽く浴びるのは問題ないと考えられていますが、しばらくは自慰や性行為、激しい運動などは、術後の性器に問題が発生する可能性が無いとは言えないので、避けた方がいいと言われています。

因みに、術後の傷跡は、最近の医療は進歩しているのでほとんど残らないと考えられています。

包茎手術・包茎治療を宇都宮市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ